キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 ダイヤモンドを査定する方法 : ダイヤモンド買取のきっかけ

ダイヤモンドを査定する方法

ダイヤモンド買取のきっかけ

Google

ダイヤモンドを買取る際に重要なのが査定であり、いくらぐらいの値で売れるかです。

ダイヤモンドを査定する方法

ダイヤモンドを買取る際に重要なのが査定であり、いくらぐらいの値で売れるかです。

自分のダイヤモンドがいくらぐらいで買取可能かにより、自分の話し方や作戦も変わってくるでしょう。

本日は自分で簡単に査定する方法をご紹介させていただきます。

一番重要なのは、まずはダイヤモンドの価値を測るために使われる4Cを理解することでしょう。

4CとはCから始まる四つの言葉のことで、全て英語です。

それは、Carrat, Cut, Color, Clarityのことです。

本日はこの四つを順にご説明させていただきます。

まずはCaratですが、こちらは重さのことを指します。

1カラット0.2gの重さをし、それが大きければ大きいほど、高値で売れます。

次にカットですが、これはダイヤのサイズです。

カラットと同様、大きく切ってあれば大きいほど高値で売れます。

次に、カラーですが色によってもある程度の値段は変わってきます。

最後に、Clarityです。

これは透明度のことを指し、どれだけ透き通るようなダイヤモンドかによって、色々と変わってきます。

ここまでで、皆さんが理解できることと言ったら、ある程度しっかり見たり測ったりすれば、自分のダイヤモンドのおおよその値段が分かると言うことです。

もちろん、ダイヤモンドの透明度がどれほどのものかなどは、自分で見てもあまりわからないかもしれませんが、細かい傷などを抜いておおよその見当をつけるのも重要です。

参考:http://www.4cs.gia.edu/JA-JP/the-diamond-4-cs.htm

記事RANKING

MENU